過去のイベント警備

             

 

 新年おめでとうございます。
 旧年中は、パートナーの皆々様には何かとお世話になり、社員一同心より感謝申し上げます。

 お陰さまで、新全交グループの元年として積極的に動きが掛けられた1年でありました。
 国民体育大会/全国障害者スポーツ大会・スポーツ祭東京2013の行幸啓警備を筆頭に、   
 日本女子オープンゴルフ選手権/相模原ゴルフクラブ等の特別警備、交通規制業務への取り組み、
 関連会社ゼンコーサービスの業務躍進に伴う新拠点の開設、外部研修制度導入、HPのリニューアル、
 社章の作成、等々営業と内部体制の両面で社員全員が全力で対処して参りました。

 結果、其々の場面で各々が素晴らしい経験を積み、私を含めた全社員が成長出来たという
 実感ある(巳年/脱皮)1年であったと同時に、3年後の創業30周年に向けて素晴らしい
 スタートが切れたものと思っております。

 そして、2014年の干支は「甲午」(きのえうま・こうご) となりますが、
 馬は古くから軍用、運搬、農耕に使われ生活にはなくてはならない存在で
 縁起のよい動物とされてきました。

 また、馬ならではの(「勢いよく突き進む力=馬力」)力は、
 昨今の我が国の経済を象徴しており、タイミング良く廻ってきた干支のように思います。

 但し、よく考えてみますと、全ての企業が「馬」のように勢いよく突き進めるわけでもなく、
 また、勢いが付いている時ほど「落馬」した時の怪我=ダメージが大きくなることは
 言うまでもありません。

 各々の立場で、環境と状況を的確にとらえた動きが更に大切になる1年と考えております。
 「馬の耳に念仏」「馬齢を重ねる」とならぬよう「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」
 何事も経験してみないと本当のことがわからないということわざの精神で、
 当社経営理念“変進・Z” ~変化を身方に進化し続ける集団~ を
 更に追求して行く年にしたいと考えております。
 また、全ての行動の源泉に「心をもってせざれば名馬生まれず」=ホスピタリティを
 追求して行きますことは、警備業・サービス業を展開しております
 全交グループにとりましては
 絶対に忘れてはいけないキーワードとして、これまで以上に社内に徹底して参る所存です。

 本年も全交グループでは警備業務を中心としましたパートナーの皆さまのご本業が輝くために、
 競走馬の如く「加速」して走って参りますので、どうぞご期待下さい。



                      代表取締役 海野 弘幸