平成27年1月5日

年頭挨拶

 

 

新年おめでとうございます。
昨年中は、皆々様には格別の御引立てを賜りまして、心から御礼申し上げます。

昨年はお蔭さまで積極的、且つ能動的な動きができ、全交グループの企業価値向上の為の
基盤作りが着実に進んでいるという実感が得られた一年となりました。
環境と状況を的確に捉えた組織改革に始まり、真の情報共有力向上への取り組み、
人財育成・健康管理のテーマへの意識改革、新たなイベント・施設警備への挑戦、
新種業務の研究・開発、等々へ「全員が再スタート」の気持ちで臨み、各社員の成長を促しました。

そして、2015年は「乙未」(きのとひつじ・いつび)となります。
「未」の語源の一つにまだ枝が伸びきらずにいる木の部分を描いたとの解釈がありますが、
全交グループの現状の姿も同様であり、これから強い枝がぐんぐんと伸びて行けるように
精進する年にしたいと考えております。

その為に最も重要なキーワードは『グループ力の結集』 ~共感→共考→共助→共(生)成~ であり、
羊の群れのように同じ方向へチームワーク良く動いて参りたいと思います。

今年度の運営ポイントは以下の通りに定めておりますが、ウール製品のように暖かい警備・サービスが
パートナーの皆さまへ届けられますよう、社員が一丸となり邁進して参る所存です。
本年も ”変進” し続ける全交グループに、どうぞご期待下さい。

 

<第28期の運営ポイント>
○ グループ会社間の新たなシナジー効果創出
○ 創立30周年に向けた各計画の本格稼働
○ 五輪等を見据えた新たな強み作りへの着手
○ 全交グループ+女子力でのビジネスモデル創造
○ ディフェンス力強化に向けた仕組み作り
○ ホスピタリティの探究と言動の日常

 

 

代表取締役 海野 弘幸