~新制服紹介~

 

今回は警備員の必需品である制服について紹介します。
ゼンコーグループではより熱中症対策に適した新しい制服の導入を予定しております。
生地に使われている素材はなんと特許取得済!
!

 

新制服の特徴としましては・・・

〇“超”通気性
特殊な組織により通気性を大幅に増やし、歩くだけで外気(風)を衣服内に取り込むことが可能となります。
それにより表皮付近の気化熱効果が促進されます。

気化熱効果・・汗など液体の物質は蒸発するときに液体が身体の体温を奪って蒸発しようとするので、
体温が下がり涼しく感じます。風があると蒸発が促進されるので、より涼しさを感じることができます。

 

〇“超”速乾
生地表面で汗を拡散蒸発させる特殊なメッシュ構造になっており着心地が非常にいいです。
洗濯後のアイロンがけが必要ないほど形状安定性に優れているので、現場において見栄えが悪くなりません。

 

〇“超”軽量
生地の組織内の隙間が多いため従来のものよりも軽量化されていますが、生地の手触りや肌ざわり、着心地
などはもちろん、見た目にも悪くありません。

衣服の中を風が吹き抜けるような通気性で涼しさを保ち、熱中症予防に役立てます。

 

また、当社ではこの度のコロナウィルス感染症対策として警備員へマスクの着用を義務付けておりますが、高温
多湿といった環境下でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。そのため、マスクに代わる
飛沫感染防止のアイテムとしてフェイスガード・マウスガードを警備員へ配布予定です。

見栄えが大事な警備員ですので、お現場によっては使用を控えてほしい場合もあるかと思いますが、これらを
併用することでご要望により装備を変更することができます。

 

もちろん従来通りの熱中症対策の一環として
・塩タブレットや冷却スプレー、携帯型扇風機など各種熱中症対策グッズの配布
・勤務開始報告時の注意喚起の声掛け

感染防止対策の一環として
・マスクの着用の徹底
・現場へ出発する前の検温の実施

 ã“れらの対策を引き続き行っていきます。

上記に加え、新制服・フェイスガード・マウスガードを取り入れ、お現場にご迷惑がかからないよう、より良い
サービスの向上に努めていきます。

グループ一丸となり、熱中症発症ゼロを目指します!!